So-net無料ブログ作成
検索選択

中山美穂 子宮筋腫と離婚成立 [スキャンダルネタ]

ミポリンこと女優の中山美穂(44)さんが、夫の辻仁成さんと離婚が成立しましたね。
2002年6月に結婚した二人でしたが、12年間の結婚生活にピリオドを打ちました。

二人の間には男の子(10)が一人いましたが、親権は夫の辻仁成さんが持つようです。

辻仁成さん54歳、中山美穂さん44歳と10歳の歳の差カップルで、
交際8ヶ月での電撃結婚と報じられていましたが、二人に何があったのでしょうか?


結婚してからの格差


辻仁成さんはミュージシャンであり、作家であり、映画監督もするなど多才な方です。
一方で中山美穂さんは結婚当時34歳ですから、歌手としても女優としても順調でしたよね。

そして二人の結婚は、中山美穂さんが辻仁成さんの才能に心動かされたとも言われていました。
芸術肌で天才肌のオトコって、ミステリアスでモテますからね。

おそらく中山美穂さんも、そのパターンで恋に落ちたのでしょう。
そして二人はパリに拠点を構え、生活を過ごすようになります。

日本に来るのは仕事をするときだけで、アトはほぼ専業主婦だった中山美穂さん。
フランスは児童教育に対する制度がキビシイので、仕方なかったのでしょう。

ですが、辻仁成さんは結婚してから...
ほとんど目立った活動をしていませんでしたよね。

まあある程度コンサートをしたりと音楽活動を続けていたようですが、
ヒットに恵まれないことには収入がサッパリです。

一方で中山美穂さんの人気は不動のものがありましたから、
テレビ特番やスペシャルドラマなどでも常に仕事がある状態でした。

つまりお二人には、いつのまにか収入の格差が生まれていたようです。


子宮筋腫を乗り越え


中山美穂は自身のツイッターで、子宮筋腫を患っていたことを語っています。

今年3月4日に貧血症状に襲われたことを明かした際に、「何故貧血だったかと言うとですねえ、何年も大きな子宮筋腫を抱えていたんですねえ」と病気を告白。「もう閉経待ちで構わないと思っていたんですけどねえ。筋腫の細胞を自分の身体の中で壊死させていく処置を選びまして」と治療について明かし、「その状態と生まれ変わったかのような神秘と運命を、これから転がしていきて行くのだと思います」と、病気との付き合い方をつづっていた。


そして子宮筋腫の壊死処置が成功し、ほとんど体内にあった筋腫はなくなったそうです。
このような身体の変化も環境に左右されるとイイますからね。

辻仁成さんとの結婚で体内に抱えてしまったのが子宮筋腫だったとしたら、
キレイサッパリ無くなるのもまた、人生(仁成)ということなのでしょうか?




スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。