So-net無料ブログ作成
スポーツ ブログトップ

錦織圭のコーチ、マイケル チャンのプレイ【動画】 [スポーツ]

錦織圭選手、お見事ですねー♪

テニスのグランドスラムの一つ、全米オープンテニス
日本人としては96年ぶりのベスト4に勝ちあがりました。

つづきはコチラ>>


柿谷曜一朗 、彼女は前川香緒里?フィオレンティーナ移籍でついに [スポーツ]

ワールドカップサッカー日本代表でもあり、今大会注目のフォワード柿谷曜一朗選手。
ワールドカップ前のこの時期に、その実力を認められての青田刈りなのか、
イタリアセリエAのフィオレンティーナが獲得の意向を示していますね。

フィオレンティーナは今季セリエAで4位に終わったチームです。
来季の戦力UPに日本の若き天才フォワードを今のうちにせしめておこうという魂胆でしょうね。

移籍金は200万ユーロと言われていますから、約3億弱くらいですね。
メインスポンサーが日本の『マツダ自動車』で、このスポンサー契約が今年切れる契約になっている
こともあって、チーム側はスポンサー延長してもらうためにも、柿谷選手を獲得したいようです。

でも今って、ワールドカップ予選グループの直前ですよね?
いくらなんでも、この時期に新規移籍契約なんて本人が納得しないのではないでしょうか?

ワールドカップで大活躍すれば、もっとメジャーなビッグチームからオファーがあるでしょうし、
いくらセリエAとはいえちょっとね...。

そういえば柿谷曜一朗、彼女は前川香緒里という25歳のモデルさんみたいですね。

WS000142.JPG
写真引用:http://ameblo.jp/kaori-no-takarabako/

アメブロをやってるみたいですが、海外移籍となるとワールドカップ後に結婚かな??

鈴木明子の血液型は何型?フィギュアオリンピック選手の血液型まとめ [スポーツ]

鈴木明子選手といえばソチオリンピック女子フィギュアの日本代表選手です。
オリンピックには2大会出場していて、2010年のバンクーバーオリンピックでは個人8位、
2014年ソチオリンピックでは8位入賞でした。

オリンピック以外の戦績も優秀です。
2012年の世界選手権は個人3位の好成績ですし、2011年GPファイナルは2位、
2013年全日本選手権では勝つことのムズカシイとされる優勝を飾っています。

ソチオリンピック出場のときは28歳ですから、フィギュア選手としては遅咲きですよね。
どうやら大学進学の際に親元を離れたことによる摂食障害になったことがあり、
そのせいて2003ー2004年はスケート活動を休止していたからなのでしょう。

そんな鈴木明子選手、今年の世界選手権を最後に引退を発表しました。
もう29歳ですから充分滑りきったでしょうね。
長かった現役生活のことを良い経験として、立派な指導者になってほしいです。

さて、鈴木明子選手の血液型ですが...

......


......


A型です。

A型っぽいといえばそれっぽく見えますよね。
ちなみに最近著名なフィギュアスケーターの血液型は...

■高橋大輔 A型

■織田信成 A型

■小塚崇彦 B型

■羽生結弦 B型

■町田樹 o型

■浅田真央 B型

■安藤美姫 A型 

■村主章枝 AB型

■鈴木明子 A型

■村上佳菜子 A型

みたいです。

本田圭佑 バセドウ病!?その症状とは... [スポーツ]

ワールドカップサッカー日本代表の命運を握っている男と言われるエース本田圭佑
今年華々しくビッグクラブでもあるACミランに移籍をしましたが、どうも移籍後は本業のサッカーで活躍できていません。

ACミランでも控えに回る事が多く、日本代表の練習試合でも明らかにミスが多いプレーをしていますね。
日本代表のワールドカップ予選突破のカギは、エース本田にかかってるといっても過言ではないでしょう。

そんな本田選手には、不自然なウワサがまことしやかに流れていますね。

本田圭佑はバセドウ病の症状が出ていて、首の後ろに手術痕がある

なんてことも盛んに報じられています。

WS000134.JPG
写真引用:http://brazil2014.headlines.yahoo.co.jp/wc2014/hl?a=20140605-00000502-sanspo-socc.view-000

もちろん本田圭佑本人は、バセドウ病になったなんて一言も発言していませんし、
秘密裏に手術を受けたなんてことも認めてはいません。

ですが、ギョロ目になったことや顔つきが以前とくらべて著しく変わったことなどから
そんなバセドウ病ウワサが広まっているようなんですね。

でもそんな病気だったらACミランが契約するはずはないんですけどね。。。


ちなみにバセドウ病とは

甲状腺自己抗体によって甲状腺が瀰漫(びまん)性に腫大する自己免疫疾患

とのことです。なんのこっちゃ???って感じですが
過度なストレス・過労が原因で新陳代謝を高めるホルモンが異常分泌される病気です。

食欲異常、体重減少、発汗過多、イライラする、集中力が低下する、手の震え、
眼球突出といった症状が出てくるそうなんですね。

なにはともあれ、日本サッカーの未来のためにも本田圭佑選手にはBESTを尽くしてほしいですね。

白鵬 嫁【画像】紗代子さんが会見拒否の原因、感動を呼ぶ大横綱 [スポーツ]

大相撲の横綱・白鵬が、5月場所の優勝を決めた翌日の優勝会見をしませんでした。
これによって多くの憶測が流れていましたよね。
舞の海の人種差別(モンゴル出身等外人力士に対する差別的発言)が原因だとか...

でも優勝会見出席を拒否した理由は別にあったんです。
白鵬関の嫁である紗代子さんに起きたある不幸な出来事が会見拒否の原因だったんです。

093.jpg
写真引用:http://mainichi.jp/graph/2012/05/01/20120501org00m050014000c/image/093.jpg

その理由が白鳳本人から明かされたのは6月5日の白鵬自身のブログでのコメントです。

今日はこの場をかりて、ある報告をさせていただきます。 新聞などに出ていたので、ご存じの方も多いかと思いますが、私の妻、紗代子のお腹には、私と紗代子の4人目となる子がいました。 ですが。 先月、妊娠五ヶ月目で残念な結果になってしまいました。 私がそのことを聞いたのが、5月場所の13日目でした。 だから、なんとしてでも、5月場所は優勝したい。 絶対。 結果、優勝することが出来ました。 本来なら、優勝した翌日の会見に出なければならないのですが、もし会見に出たら、おそらくお腹の中の子供のことも聞かれるであろうと考えました。 紗代子のことを考えると、事実を発表するには早すぎて、しかし嘘をつくことも胸が痛みました。 なので、結果、会見に出席しないという選択を致しました。 この行動で多くのファンの方・関係者の方にご心配、ご迷惑をおかけしてしまったことはここでお詫びさせていただきます。 ただ、私は、力士であり、横綱ですが、紗代子という一人の女性を愛している夫でもあります。 妻が私のことを応援してくれているから私は相撲を取れています。 今回のことで紗代子の心についた傷ははかりしれず。 でも、紗代子は自分が一番傷ついているにも関わらず、常に私の心配をしています。 私は、紗代子の心の傷をこれ以上深くしたくないと願っています。 そして、紗代子が、一日でも早く笑顔に戻れるように、願っています。 そのためには、私は横綱として頑張ることが、家族を、そして紗代子を笑顔に出来る一番の方法だと思っています。 いつか、今回のことにも大きな意味があったのだと言える日がくることを信じて 日々精進いたします。 これからも私たち夫婦をよろしくお願いいたします。 紗代子。 改めて愛してます。 これから、もっともっと幸せにします。 第69代横綱 白鵬 翔 白鵬オフィシャルブログ「みなさんへ」より http://ameblo.jp/hakuho-69/entry-11871576460.html


この優勝会見に出なかった理由と、妻への思いを綴ったブログから
白鵬関が大絶賛されています。

多くの白鵬ファンもさることながら、過去に流産を経験したご夫婦からなども、
「白鵬関の夫人を思いやる心意気に感動しました」とか、
「白鵬関の男気に涙しました」といった声がだくさんあがっています。

白鵬関は横綱としても人間としても夫としても父としても立派ということですね。


記事引用:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140606-00000033-dal-spo
タグ:白鵬 嫁

田中将大 海外の反応 最新9勝目情報 [スポーツ]

メジャーリーグヤンキースの田中将大投手が、5日(日本時間6日)のアスレチックス戦で勝利投手となりました。
6回を投げて5安打1四球で1失点に抑える好投で、4連敗中のヤンキースを救う2-1の勝利に貢献しました。
これで今季の成績は9勝1敗となり、ヤンキースでは一番の勝ち星をあげています。

WS000132.JPG
写真引用:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140605-00000120-spnannex-base

この日の天候は雨。
唯一の負けがついた前々回の登板も雨だったので、ちょっと心配していましたが、
初回のソロホームランの1点に押さえる見事なピッチングで、勝ち投手の権利を得て降板しました。

この好投にヤンキースファンもさることながら、辛口で有名な多くのアメリカマスコミも大絶賛です。
ESPNは「“真のエース”田中が雨を消し去る」との見出しで

「マサヒロ タナカは雨のブロンクスを晴れ空の午後に変えてしまった」

という書き出しで特集記事を掲載しています。
チームの同僚であるマーク・テシェイラ一塁手も

「あれこそが真のエースと言うものだ。真のエースは連敗を止めることができる。
チームが連敗している時に田中ほど登板してもらいたい投手は他にいない」

と話しています。
ミスターヤンキースのジーター選手も、

「田中が投げる試合はいつも負ける気がしない」

とコメントしていますしね。
ヤンキースの地元であるニューヨーク・タイムズは

「タナカに依存し、ヤンキースはホームスタンドを大盛況に変える」

と連敗中にはブーイングも出た地元ファンに田中が勝利の喜びをもたらしたと報じています。
ニューヨーク地元紙デイリーニューズは、

「マサヒロ タナカとブルペンが重荷を背負い、ヤンキースがA’sに2-1で勝利する」

と好投した田中と最近の試合で崩壊していたブルペンの完封リレーを高く評価しています。


記事引用:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140606-00010002-fullcount-base
スポーツ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。