So-net無料ブログ作成
2014ワールドカップサッカー ブログトップ

NHKワールドカップサッカーデイリーハイライト女子アナさんの名前【画像】 [2014ワールドカップサッカー]

ついにワールドカップサッカー2014が開幕となりましたね。
今回の開催国はブラジルですから、日本とは地球の反対側になります。

ということは...試合のテレビ放送が深夜から朝方になるんですよね。
深夜1時からの試合放送は何とかLIVEで見ることができますが、
3時以降の試合はさすがにLIVEでは見れず...

なので、夜10時からNHKで放送している

2014FIFAワールドカップ デイリーハイライト

を毎日必ず見て、グループ予選の結果をチェックしているんですが、
そこで気になることがありまして...。

番組の女子アナさんが、顔カワいいうえにおっぱいデカイ

ってことなんですよ。
なので速攻で調べてみたんですね。

NHK2014FIFAワールドカップ デイリーハイライトの女子アナさんは

WS000160.JPG
杉浦友紀(すぎうら ゆき)

さんと言って、NHKの局アナさんです。
1983年5月生まれの31歳たぶん独身、見た目とちがって、なかなかお年でした。

愛知県出身で、、上智大学文学部の新聞学科卒用ですね。
大学在学中の2003年に、ミスソフィアに選ばれているんですから
若い頃から美しかったんでしょうね。

NHK入社は2006年ですから、今年で8年目ですね。
他局の同期には

・フジテレビ 加藤綾子さん
・TBS 枡田絵理奈さん、加藤シルビア
・テレ朝 竹内由恵さん

さんなどがいます。

杉浦さんは福井勤務からスタートし、名古屋を経て
2012年から東京NHKアナウンス室勤務となったようです。

2012年までは東京にいなかったので、
あまり見たことがなかったんですね。

でも彼女、名古屋時代にもすでに多くのファンがいたそうなんです。
なので、今後大注目のNHK女子アナになると思いますよ。

【人気の関連記事】
NHK女子アナ ワールドカップサッカーデイリーハイライトの杉浦友紀【画像】さんは⇒ココをクリック!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

サッカー日本代表初戦、コートジボワールに惜敗でした... [2014ワールドカップサッカー]

サッカー日本代表初戦、コートジボワールに2-1で惜敗でした。

日本代表は、とてもイイ試合をしました。
相手はFIFAランキング23位、格上のコートジボワールです。
日本は46位ですからね。

このランキングだと普通にA代表の試合となったら、負けは当たり前です。
普通なら負け、良くて引き分けというのが正しい判断ですよね。
あわよくば勝ちを...と思ったのですが、やっぱり実力差を感じてしまう試合でした。

日本としては、理想的なゲームスタートを切ったんですけどね。
前半16分に日本のエース本田圭佑が、値千金のシュートで先制しました。
この先制は大きかったですね。

本田は左サイドで長友佑都からのパスをワントラップして、
ゴール前左スペースに落としそのまま左足で振りぬいた見事なゴールでした。
この本田選手のゴールは、ワールドクラスのシュートだったと思います。

日本にとってラッキーだったのは、コートジボワールスーパーエースの
ドログバが前半はベンチスタートだったことです。
しかし後半ドログバが入ったとたんに、流れが一気に変わりました...。

後半19分、そして21分に立て続けにヘディングゴールで失点。
一気に流れがコートジボワールに傾いてしまいました。

エースの持つ力ってすさまじいですね。
ピッチに一人入っただけで、ガラッとプレースタイルが変わってしまいます。
前半のコートジボワールと後半のチームは、全く別の攻め方になりました。

日本的にはあわよくば1-0での勝利、
悪くても1-1の引き分けでワールドカップ初戦を飾りたいという
全日本人の思いを、あっさりと打ち砕いた感じです。

日本の本田圭佑選手も、良いプレーだったのですが、
香川真司選手の動きがイマイチで、前半はパスミスも多かったです。

後半40分には香川選手に代わって、柿谷曜一朗選手が入りましたが、
さすがに時間がなく、大きな活躍もできずタイムアップでしたね。

がんばったけど、残念...って感じでしょうか。
5日後にはギリシャとの第2戦、ここで勝ち点をとってほしいです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
2014ワールドカップサッカー ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。